スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名アイスとコラボレーション!雪見だいふく電車~外観編~

こんばんは。
昨日更新のはずが眠さに耐えられず書けなかった、上信電鉄クモハ501・502「雪見だいふく号」を今夜はご紹介します。
車内も様子も記事にしたいのですが、先日は時間が合わず乗れなかったので、乗れ次第書きます。というわけでまずは車体外観編です。
雪見だいふくコラボの事に関してはこちらの過去記事をご覧ください。

1419002263.jpg
雪見だいふく号1番列車。
この時、このブログにコメントを何度か下さった方が近くにいらっしゃったのですが、この時はそんなことは知らず…。できればお会いしたかったです。

1419002428.jpg
まずは全体の様子。
元の塗装も残しつつなのですが、155Fなどとは異なり帯の塗り分けを活かすことなくラッピング。
本来ならば雑な感じに見えてしまうところなのでしょうが、緑&白色に赤いラッピングという事で、クリスマスカラーにも見えてキレイです!

1419002576.jpg
前面をアップで撮れていないのでこんな写真ですが…前面はこんな感じです。
ヘッドマークが貼られているのですが、これがまたユニークで、商品パッケージそのままの写真が貼られています。
503Fの「ララクラッシュ」が迫ってくるのも印象的ですが、こちらもなかなかのインパクトです…。

続いて側面です。
いつも通り、下仁田行列車進行方向向かって右側を山側、左側を海側として見て行きます。

1419002471.jpg
クモハ501海側。
窓下を主としてラッピングされている点では155Fと似ているのですが、この雪見だいふく電車は前述の通りで帯の塗り分けを活かすことなく貼られています。ドア部分のみ窓上までラッピングが回っているのですが、ラッピング上部と帯上部は一致しています。
赤を基調に商品写真、「大きなふくを運びます!」「ふくが大きくなった雪見だいふく」の文字、雪見だいふくを持ったウサギなどがデザインされています。
ぽつぽつと見える白い斑点は、舞う雪の表現。
窓にかかる商品写真とうさぎ柄は窓にまでラッピングされています。車内からは外は透けて見えないタイプです。
また前から1・2個目の商品写真と前から3匹目のうさぎは赤いベースからはみ出してラッピングされています。
クモハ504山側も同様のラッピングです。

1419002485.jpg
続いてクモハ504海側です。
ベース(赤と雪の模様)はクモハ503海側のものを反転させた柄です。
他に関しても同じような内容ですが、文字の配置が異なり、商品写真も一個少ないです。
うさぎ柄は503海側のものを反転させたものですが、一匹少なく、乗務員室扉後部の柄のみ反転されていません。
こちらのデザインはクモハ503山側も同様です。


・・・以上が雪見だいふくラッピングの外観紹介となります。
ラッピング期間は1月31日までと短めですが、気になる方は実物を見に来てください!


1419002358.jpg
出発式準備中。
出発式を撮ろうか迷ったのですが、狭くて撮れるか分からなかった(手持ちのカメラは広角が苦手…)ので今回は見送りました。
雪見だいふくCMソングと共に入線し、テープカットを行ったそうです。あと来場者や乗客には雪見だいふくが振る舞われたとか!

ラッピング車~車内編~、上州福島駅装飾編に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Katto

Author:Katto
群馬県内の某市から、東京に進出した22歳の大学生。
鉄道、写真撮影、工作等日々趣味に勤しんでいる。
主に、上信電鉄を中心に扱っています。

コメントは、どなたでも大歓迎です。
最低限のマナーを守って、気軽に書いてくださいね!
リンクもコメント欄などで受け付けています。

ホームページ:
 少年鉄道ホームページ(休止中)
YouTube:
 syoutetsuチャンネル
いずれもこのページの下の方にあるリンクよりいくことができます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。