スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上信電車のグリーン席

小さい文字こんばんは。
今夜も投げやりな記事で失礼します(いつもじゃんとか言わないで!!)・・・
更新再開とはいえ、多分こういうのが続きます。

上信電鉄に在籍する「6000形」電車ですが、2005年まではロングシートとクロスシートが千鳥配置されていたのは、有名な話のようですね。
現在でも、側面の窓割りにその名残を見ることができます。

1403800633.jpg
客ドア間の窓割りの違いに注目。4枚窓となっている左側がクロスシート部分、3枚窓となっている右側がロングシート部分です。

1403800688.jpg
クロスシート時代の車内の様子を、探すのが面倒なので過去画像フォルダから一番最初に見つけた適当な画像で。
見づらい写真ですが・・・背もたれに角度は付いているもののバスのような座席は不評だったらしく、変わった配置の車内風景は後に見られなくなってしまいました。

そしてこんな変わった車内の中でも、さらに変わった座席があったのでした。

1403800752.jpg
これまた見にくい写真で申し訳ないのですが・・・クモハ6001の一番先頭寄りの座席、2003年頃からモケットが緑色になりました。空缶が放置されてますね・・・。
当時からシート切りなどが上信でも横行していたのですが、これはそのような理由で交換された訳ではなく。
真相は、お酒を飲んだ後の酔っ払いさんがここに乗車、上信の激しくもフワフワした揺れで胃の中をシェイクされたのか、結果的にここに●●したらしいです(表現自粛)。
カピカピになったシートを交換する際、その部分だけ緑モケットとなったわけです。

しかしそんな経緯は知る由もない高校生たちによって、この座席は「グリーン席」と命名され、人気を博していたそうです(笑)
確か、この後2005年にオールロングシート化されるまで、この状態であったと記憶しています。
一体、この座席一つで何人の高校生たちに通学中のささやかな楽しみを与えられたのでしょう?・・・と言うほど大袈裟なものではありませんね(笑)
自分は当時高校生ではありませんでしたので(当時小学生)、実際に大勢の間で話題になっていたのか、はたまた一部の高校生に言われていただけなのか・・・実際のところは分かりません。

という感じで、今夜は6000形の座席にまつわる小ネタをお送りいたしました。
一応補足ですが、後にも先にも上信電鉄の車両には、JRで言うところの実際の「グリーン席」は存在していませんので、悪しからず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Katto

Author:Katto
群馬県内の某市から、東京に進出した22歳の大学生。
鉄道、写真撮影、工作等日々趣味に勤しんでいる。
主に、上信電鉄を中心に扱っています。

コメントは、どなたでも大歓迎です。
最低限のマナーを守って、気軽に書いてくださいね!
リンクもコメント欄などで受け付けています。

ホームページ:
 少年鉄道ホームページ(休止中)
YouTube:
 syoutetsuチャンネル
いずれもこのページの下の方にあるリンクよりいくことができます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。