FC2ブログ

さようなら「かんとう」号…クハ303塗装変更

こんばんは。
これまた少し前のネタになってしまうのですが・・・今夜は上信電鉄クハ303の塗装変更についてです。

クハ303は200形の中で唯一冷房化されている車両で、上信電鉄の冷房化改造車第一号であります(デハ251も同時期に冷房化)。
2000年に入りデハ251が「かんとう」号になったのに遅れること約2カ月、このクハ303も「かんとう」号として活躍を開始しました。

1403013160.jpg
↑「かんとう」号として活躍するクハ303。

かんとう号となって今年で14年ですが、その間は一度も塗装変更すること無く、沿線でも親しまれてきました。
今後車両自体が役目を終えるまでこの塗装で走るのかと思われましたが、今年2月にデハ251がかんとう号としての役目を終え、緑ストライプ化されました。(こちらに記事があります)
それによってこのクハ303も次の検査では緑ストライプ化されると思いました。
しかし4月、検査を待たずに緑ストライプ塗装となりました。

1403013227.jpg
この顔に緑ストライプの組み合わせ自体は、1ヵ月ほど前にデハ205で実現していますので違和感はありませんが・・・やはり小学生時代からずっと見てきたかんとう塗装で無くなったと思うと寂しいです。
上信に在籍する緑スストライプの車両は、このクハ303で9両目となります。

では、今回も少し細かく見て行きましょう。
まずは前面です。

1403013767.jpg
相方となるデハ251に準じていますが、貫通扉下の緑塗装が省略されています。
デハ205同様の塗装ですね。

次に側面です。
いつも通り下仁田行列車の進行方向向かって右側を山側、左側を海側とします。

1403013878.jpg
まずは山側です。
デハ205と同様で、窓上部のストライプ太さなどは500形に準じています。
斜め部分に関してもデハ205・500形と同様ですね。
特筆する事もなさそうです。

1403013856.jpg
次に海側です。
こちら側に関しては、乗務員室扉の窓枠が従来はコーラルレッドに塗装されていましたが、今回も無塗装化されずにクリーム色になりました。
その他は反対側と同様に、特筆する事もありません。
形式表記も従来車の標準的な位置です。

1403014397.jpg
妻面は、少し帯が回りこんだ位置でところで途切れています。501Fの近年と同じです。
帯の太さや高さは相方のデハ251と一致しています。
デハ251は、デハ252等と比べて帯の太さが太かったり位置が低かったり(過去記事参照)しましたが、クハ303に合わせるためだったのですね。

今回は塗装変更のための入場で、全般検査等は行われませんでした。
しかし、クハ304同様、妻面の検査表記に変化がありました。

1403014069.jpg
こちらは変更前ですが、「21-11」「上信電鉄」と書かれている黒いプレートがあり、それが枠に差し込まれています。

1401980588.jpg
こちらはクハ304の写真ですが、これと同様に枠がはずされ、検査表記が車体に直接ペイントされました。

・・・以上のような変化がありました。
大まかに言えば、塗装変更のみと言えるでしょうか。
14年もの間広告収入を稼いでくれた同車ですが、中古車両の導入が濃厚になり先もそう長くは無いと思います。
最後まで無事に走ってほしいですね(毎回記事の最後にこれ言ってる気がする・・・笑)

最後にこちらをご覧ください。

1403014099.jpg
2000年のクハ303のかんとう塗装運用初日の写真です。
この頃、新しい色の電車が出るたびに、母親と父親が写真を撮ってくれました。
懐かしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Katto

Author:Katto
群馬県内の某市から、東京に進出した22歳の大学生。
鉄道、写真撮影、工作等日々趣味に勤しんでいる。
主に、上信電鉄を中心に扱っています。

コメントは、どなたでも大歓迎です。
最低限のマナーを守って、気軽に書いてくださいね!
リンクもコメント欄などで受け付けています。

ホームページ:
 少年鉄道ホームページ(休止中)
YouTube:
 syoutetsuチャンネル
いずれもこのページの下の方にあるリンクよりいくことができます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる