FC2ブログ

富岡製糸場と上信電鉄のお得情報

こんにちは。
世界遺産登録活動を進めている富岡製糸場ですが、ユネスコの諮問機関が「登録がふさわしい」という勧告を出したそうです。

富岡製糸場 世界遺産に登録の見通し NHKニュース

勧告の中でももっとも評価の高い「記載」という勧告のようで、これは期待が高まりますね!
6月の審議でどうなるか・・・地元出身者としてはかなり楽しみであります。

丁度10年前に富岡製糸場近くの中学校に入学しました。そのころから富岡製糸場を世界遺産に登録する動きが出始め、総合学習では富岡製糸場に関するテーマを与えられたりしたのが懐かしいです。ちなみに私は「上州富岡駅周辺や製糸場周辺の整備」というテーマで行いました・・・こんなところまで上信好きが影響していますね(笑)


ちょっと時間がとれないので、今日のところは手短な記事で済ませますが。
富岡製糸場見学者のための上信電鉄の情報を2つ。

・富岡製糸場見学往復割引乗車券
(上信電鉄HP内)

こちらは発売開始から相当な時が経ちました。高崎~上州富岡往復&製糸場入場券で通常2080円のところ、1640円で買え、440円もお得な切符です。
前は復路のみ途中下車1回可能だったと思いますが、いつの間にか往路・復路とも1回限り途中下車可能になりましたね。
また、この切符は高崎駅の券売機でも購入できるようになりました(紙に印字されるタイプですので、HPに記載されているようなものが欲しい場合は、窓口にて購入?)

浮いたお金で、富岡で食事するもよし、ちょっと足を伸ばして貫前神社などに行くもよし!・・・いずれの440円には収まりませんが(笑)

・ 富岡製糸場臨時列車
(上信電鉄HP内PDF)

本日4月26日から運転開始の臨時列車で、高崎~上州富岡間を各駅停車で運行です。
土・日・祝に運転されるもので、高崎10:13発の下りと上州富岡11:10発の上り列車のみです。
上りに関しては、恐らく回送運転の意味合いが強いかと思われます、時間的に。
昨日公表されたのですが、今日のニュースを見込んででしょうか?
また、これから乗客が増えれば、更に他の時間帯の本数も増やすことになるのでしょうかね?


富岡製糸場へお越しの際はこれらの切符・臨時列車で!
もちろん、他の定期列車でも富岡製糸場には行けますよ~。

1398474445.jpg
↑富岡製糸場へは、新しくなった上州富岡駅から徒歩10~15分です!
スポンサーサイト

上信電鉄の踏切ランプ事情

こんばんは。
最近は上信電鉄の車両の変化が激しいので、現状について一回まとめなきゃですね~。
上州富岡駅舎の式典の記事との優先順位を考え中・・・

と言いつつ、今夜は趣向を変えて全く別のお話を。
踏切の話になるので、あまり興味をそそる記事ではないかと思います(笑)

上信電鉄には、現在約90か所の第一種踏切があります。
近年第4種踏切から格上げされるなど様々な理由で警報機が更新されLED化された場所もありますが、未だに昔ながらの電球式の警報灯が主流です。

1398270721.jpg
上州一ノ宮~神農原の67番踏切・・・JRや大手私鉄ではあまり見かけなくなった電球式の警報灯が現役です。

1398271162.jpg
道幅拡張によって警報装置が更新され、LED式の警報灯が採用された52番踏切。
写真の撮影日は2005年12月31日で、503Fの運転開始4日目でした。


これに方向指示灯(正式名称は・・・?)が付いたり警報灯が複数あったりなどバリエーションはありますが、大した差もない感じでした。
しかし2012年初めに根小屋~高崎商科大学前の第4種踏切が第1種に格上げ、その際に設置された警報灯がこちらでした。

bl1331994348.jpg
こちらの13-2番では2方向からの道路が進入する山側のみ、東邦電機工業製の「全方向踏切警報灯」が採用されました。
ほぼ同時に上州一ノ宮~神農原の68番踏切でも、一部が同タイプの警報灯に交換されています。
この警報灯は全ての方位からランプの点灯が視認できる優れもので、JRやその他の私鉄でも急ピッチで導入が進んでいるようです(JR高崎支社では球体タイプのものが主流のようです)。

そして2013年の夏ころには、西山名~馬庭の23番踏切でまた新たな警報灯が加わりました。
1398272470.jpg
写真は別の場所のものですが、多分同型。
全方向形のモノを薄くしたような感じで、両面光ります。こちらの東邦電機工業製のもので、「eco1」という2013年グッドデザイン賞を受賞したもの(受賞理由は梱包の工夫)。
この警報灯は上信電鉄以外では、まだ見たことがないのですが・・・。

このように色々な新型警報灯が導入され始め、これからほんのチョットずつ導入されるのかと思っていましたが・・・
今年に入ってちょっとどころか、急速に導入が進んでいました!

1398273070.jpg
4月17日に見に行くと、南高崎駅の高崎駅寄りの4番踏切の片側のみ、全方向型に変わっていました。
この時はここだけ変わったものと思っていましたが、夕方もう少し先まで行くと・・・

1398273355.jpg
南高崎駅の下仁田寄りの5番踏切も変わっていました!
山側(西側)は2方向からの道路があるため、全方向型です。
旧式の故障表示との組み合わせが何とも・・・。
元は4灯付いていましたので、2灯分の取り外した個所の塗装修繕中で、2日後に行ったら黄色が塗られていました。

1398273385.jpg
同じく5番踏切ですが、海側(東側)は道路は1方向からのためか、「eco1」でした。
故障表示はだいぶ前に交換されています。

そして桜が咲くと綺麗な、車両進入禁止の6番踏切も・・・

1398273450.jpg
山側は「eco1」4灯で、そのうちの2灯(下仁田側・写真では左側)は片面型です。
線路と平行して道路があるので全方向型が良いような気がしますが、目の前に木があって見づらいためでしょうか?

1398273529.jpg
海側は全方向型。

もしかしてこの先も?と思いましたが・・・
1398274299.jpg
佐野信号所脇の7番踏切は未更新でした。

そしてこの2日後の19日、根小屋の方に撮影に行くと・・・

1398274377.jpg
根小屋駅手前の県道30号線との交差点、11番踏切は両側とも「eco1」になっていました。
写真で言うと手前側(海側・東側)は片面型、奥側(山側・西側)は両面形でした。
どちらも道路は1方向からのみの進入ですが、警報装置がどちらも高崎寄りに設置されていて、警報装置とは反対車線で停止中の車から視認し易いように、奥側のみ両面形になったのでしょうか?

高崎に戻りながら全ての踏切を見ましたが、19日時点で交換されていたのはこれだけでした。
一応まとめると、
●高崎~南高崎
・1番:両側、車道歩道とも未更新(電球式)
・2番:両側とも未更新(電球式)
・3番:両側とも未更新(電球式)
・4番:山側全方向型、海側未更新(電球式)
●南高崎~根小屋
・5番:山側全方向型、海側eco1(両面型)
・6番:山側eco1(両面2灯・片面2灯)、海側全方向型
・7番~10番:両側とも未更新(電球式)
・11番:山側eco1(両面型)、海側eco1(片面型)
・12番:両側とも未更新
●根小屋~高崎商科大学前
・13-1番:両側とも未更新(電球式)
・13-2番(2012年設置):山側全方向型、海側従来タイプ(LED式)

といった感じです。
他の区間は見ていないので分かりませんが、高崎~根小屋にある12か所24基のうち4か所7基が最近更新されたことになります。
これから他の踏切にも普及するのか気になります。
また、新規道路開通に伴い新設される踏切(西富岡~上州七日市)がどんな踏切になるのか、楽しみです。オーバーハング式とかだったら面白い!

そして、よくも踏切だけでこんなに熱く語れるもんだと、我ながら呆れますね(苦笑)
上信電鉄の事だからというのもあるかもしれませんが、私は単に「踏切好き」でもあるんですよね~。

さらばコーラルレッド

おはようございます。
気付いたら6周年を迎えていた当ブログですが、更新が滞っておりまして・・・楽しみにしていただいている方、申し訳ありません。
先日高崎に用事があり、前後で上信の撮影をしてきました。

その時に見た200形に関しての動きを。

・デハ205のストライプ塗装化
こちらは、複数のブログで紹介されている通り、4月頭くらいに出場したようです。元は復刻カラーを3年間まとっていましたが、検査入場と同時に塗装変更されました。
DSC_0200_convert_20140419072538.jpg
行かないうちに運用から外れてしまったのですが、入れ換えで出てきました。
詳細写真は撮れずじまい。

・デハ204、クハ304の茶色塗装化
こちらは、来て見てびっくり!
世界遺産レンガ列車として活躍していた同車ですが、旧型客車に似た色に変更、レンガ模様と前面のラッピングは行われず、文字のペイントのみ行われたようです。
DSC_0416_convert_20140419072437.jpg
18時半近くで暗かったので、シャッタースピードを落として無理やり撮影。
個人的には似合っていてなかなか気に入りましたが、twitterでは不評な意見多数・・・。
こちらもそのうち詳細を記事にしたいですね。未更新ネタがたまってゆく・・・。

これら3両の塗装変更に伴い、上信電鉄で半世紀以上に渡り定着していた「コーラルレッド」塗装は消滅いたしました。代わりに緑ストライプ塗装が8両にもなり、新たな標準塗装として定着してきました。
もともとコーラルレッドは乗客アンケートで不評でしたし、好ましい流れなのかもしれませんね。
ちなみに、廃車体であればデハ203およびクモハ103・クハ103がコーラルレッドを身にまとい高崎車庫に留置中です。コーラルレッドに会いたくなったらそちらへ。

DSC_0146_convert_20140419073645.jpg
(本社横の駐車場より撮影)
この時は車庫に緑帯が8両全車いました。155・156が写っていませんが、251の左側にいました。


本日もこれから高崎に行きますので、茶色の200形を撮れれば良いな。

上信電鉄のニューフェイス!7000形正式デビュー その5

その4の続きです。
今回でラストになります。

1395245624.jpg


その4までで観察も一通り終わりましたが、座席は荷物置きになっていたりして座る場所なく・・・。
せっかくなので、終点まで後方展望を楽しむことにしました。
途中、山名駅で5分ほど停車、降りて各々撮影タイムです。

1396811726.jpg
そういえば、最近上信電鉄職員さんの制服が変わりましたね。

1396811783.jpg
ヘッドマーク。
春ということで桜のデザインでしょうか?気に入った!

1396811849.jpg
念のため安全を確認し、構内踏切から。
前面下部のステップ状のものはバンパーの役割をしていますが、下から撮影した写真を見るとどうやらダンパーのようなものが入っているっぽいです。上信電鉄の踏切事故対策、恐るべし。

つかの間の撮影タイムの後、交換列車の入線にと同時に臨時列車は改めて高崎を目指します。
交換列車は200形。
1396811911.jpg
200形登場時には考えられなかった機能を積んだ車両が、上信電鉄にデビュー・・・?


・・・程なくして、お披露目臨時列車は無事に高崎に到着しました。
1396812525.jpg
到着後は折り返し定期運用に就きます。
普段は回さない種別幕の幕回しを見ることができました。
そちらの動画もまたの機会に。

こうして無事に正式デビューを果たした上信電鉄のニューフェイス7000形。
これからの上信電鉄を担う主力車両として、無事に走って行ってもらいたいと思います♪
なお、今月に入っても、未だにHMは貼られたままのようです。
最後に、乗車記念に頂いた物品。
1396813397.jpg
カタログ(右)、クリアファイル(左)、フリー切符と記念乗車証(下)。
カタログは大手私鉄などで新車が出たときに駅においてありそうなもの。見開きで要所要所の設備の説明などがあり、裏側には図面と諸元表。個人的にはこれを目当てにしていただけあって重宝しそうです。
クリアファイルは下の駅名のところに「新駅」も載っています。上信電鉄が公式に新駅の話題を出したのはこのクリアファイルが初めてかな?
フリー切符は通常発売されているもの・・・と思いきや、裏面の「払い戻しいたします」のところに赤線が引かれて「できません」と赤ボールペンで書いてある、ある意味の貴重品(笑)
記念乗車証は7000形の写真だけでなく、トレードマークである前面の帯の柄が印刷されていてなかなかいい感じ!
・・・この他にも沿線見どころマップや粗品(×2)が入っていました。700円で臨時列車に乗ったうえ、こんなに色々もらっちゃって良いのかしらん??

これにて、7000形臨臨時列車の記事はひとまず終了ですが、書き忘れ等ありましたらまた別の記事にてご紹介いたします。
また、引き続き上州富岡駅新駅舎完成記念式典(随筆中)もご覧ください。

その3~5をとりあえずまとめて一晩で書きためましたが、気付いたらもう朝の5時です(笑)
完全に自己満足の記事を朝までかけて書いたわけですが、もし楽しんでいただけたら嬉しく思います!
相変わらず文章が下手なのを感じます・・・。

上信電鉄のニューフェイス!7000形正式デビュー その4

その3の続きです。
記事をため込んでいるうちに、デハ205の塗装変更、151Fのラッピング解除(暫定?)など上信電鉄の話題が続々と。今すごく上信電鉄を撮り&乗りに行きたいのですが、まだ急がしめで行けなそう。来週以降頻繁に群馬に用事があるのですが、東毛地区なんだよなぁ・・・。

1395245624.jpg
さて本題。
今回も、兄が撮影した写真・動画が含まれます(許可を得て掲載)。

さあ、営業運転開始から3か月、大雪による延期を経ていよいよ出発式の時が来ました!
といってもこちらは新駅舎完成式のようにテープカットやくす玉割りがあるわけではなく、静止画にすると非常に地味な雰囲気が漂います。
なので、後に載せる動画を併せてご覧ください。
1396808648.jpg
(撮影:兄)
県知事の号令のもと、発車します。
富岡市消防団音楽隊による演奏が開始され、ほぼ同時に7000形が長めの警笛を鳴らします。
画像を縮小したのでこの写真からは分かりづらいですが、大勢の関係者が拍手や手を振る事でお見送り!
車内からも来賓の方が手を振って応えます。一人、「どんマイケル」をやっている方が写っていました(実際には手を振っているだけかと思われ)。

1396808685.jpg
(撮影:兄)
スロープその下にも関係者さん、

1396808709.jpg
(撮影:兄)
踏切のこちら側にも大勢の一般の方がお見送りしています。
になみに演奏された曲は「あまちゃん」のテーマ。旬な曲ですし、列車の走行シーンにはお似合いな曲でした!

つづいて動画をご覧ください。
警笛や演奏、拍手が音として入っているので、華やかさが伝わるかと思います。
(撮影:兄)


私も車内後方から撮影しました。
撮り始めが遅く、車掌さんの笛が中途半端に録音されています・・・。
演奏の音などは小さ目に入っていますが、関係者の方々やゆるキャラが見送る様子などがお分かりいただけるかと思います。


さて臨時5318列車として上州富岡駅を発車したお披露目列車は各駅停車ということで、出発してしまえば普通の定期運転時と変わりなく、あとは高崎を目指すだけ・・・。
と思いきや、車掌さんがドアスイッチを扱ったり笛を吹いたり、マイクで放送を入れたりと、近年の上信電鉄では貴重な光景を楽しむことができました!
動画も撮ったのですが、近すぎて画面に入りきっていないのと、車掌さんの顔がはっきり写っているためにモザイク加工しなければいけない(編集に時間がかかる)ので、まだ作っていません。出発式の動画に関しては、記事を書くのに於いて重要だったので無理やり編集しましたが・・・。
時間ができたら公開するかもしれません。

そんな光景を見ながら高崎を目指す訳ですが、臨時列車に乗車することにした理由がいくつかありました。
そのうちの1つが車内での表示類の観察です。
実際は上州富岡駅で停車中に撮ったものがほとんどですが、順序的にここでまとめてご紹介。

1396805067.jpg
運賃表示器。
今回は現在地設定がされていなかったので、次駅表示は無し、「この列車は 各停 高崎 行きです。」「This train is the Local bound for Takasaki.」のスクロールのみでした。
試運転の時と似たような感じですね。

1396805088.jpg
運転台のPLC表示器は通常時から現在地や始発・行き先・列車番号などの情報を消した感じに設定してるようです。
また、「ツーマン」モードになっていますね。

1396810434.jpg
ちなみにこちらは上州富岡駅留置中で、「臨時」表示の状態。
運賃表示器は職務放棄されております(^^)

この他に、妻面のLED表示器も「この列車は 各停 高崎 行きです。」「This train is the Local bound for Takasaki.」のスクロールでした。
これらは動画にも撮ったので、『いつか』アップしたいと思います。通常時の状態も結局まだ記事にできていないし。

このあとは山名でちょっとだけ撮影したり・・・と記事が続きますが、長くなりそうなので分けます。
その5へ続く。

上信電鉄のニューフェイス!7000形正式デビュー その3

大変間が開いてしまいましたが、その2の続きです。
もう20日経ってしまいました(苦笑)
とりあえず、7000形お披露目の記事は続きも書いておきましたので、日を開けずにで最後(その5)まで更新します。
その後、503Fの新ラッピングについての記事を挟み、上州富岡駅新駅舎完成式の記事を書こうと思います。

1395245624.jpg

今回は入れ換えから出発式直前までの様子です。

臨時列車乗車組が再び集合する時刻まではまだだいぶありました。
新駅舎の完成式は兄に任せたのですが、時間があるので私も撮影することに。
ポジションでその時を待っていると・・・
幕回しを始めました。
1396804665.jpg
「各停」「高崎」表示になりました。
最初は回送列車の幕が「臨時」だったことを惜しんでいましたが、本運転が「臨時」幕ではなかったので結果オーライです!
乗車するまで知りませんでしたが、臨時列車は各駅停車で運転し、好きな駅で下車が可能でした。
そのために各停表示だったようです。

そしてこの時7000形が留置されているのは3番線で、出発式が行われるのは1番線。
出発式直前の上り列車のみ発車番線を3番線に変更とのことで、当然転線が行われます。
駅舎の完成式に夢中で忘れていましたが、入れ換えが始まってしまいました。

1396804739.jpg
完成式は兄が撮っていたので、心おきなく仮駅舎脇へ。
すでに見物客が複数人。
後ろからお邪魔して私も混じりました。

1396804779.jpg
本運転は乗車するために撮れないので、入れ換えは是非撮りたかったのでした。
盛大に傾いているのはキニシナイ・・・。

その後は再び集合時刻となり、テープカットとくす玉割りは見れない。
・・・と思いきや、集合した後に丁度いいポジションまで案内され、結果的には見ることができました。
テープカットの後は、いよいよ7000形の元へと向かいます。
仮駅舎から行くのかと思いきや、まだ使用開始されていない本駅舎を通って1番線ホームへ!

1396804904.jpg
スロープ化された3番線ホーム、そこの架線柱の横にはドラムセットが置かれています。
出発式に備えたものです。
この直前には新駅舎完成式でも演奏が行われ、新駅舎のスタートに華を添えていました。

1396804927.jpg
構内踏切を渡ったところでは、沿線のゆるキャラがお出迎え。
最近は上信のイベントには必ず参加する沿線ゆるキャラ達。こういうのも良いですね!
うん、上信電鉄もゆるキャラをつくろう!秩父鉄道のセンガタンのように面白いやつ(笑)

ゆるキャラ達に目が行ってしまいますが、本題は違います。

1396804965.jpg
2両分の長さに縮まってしまった1番線ホームに停車する7000形。
やはり、帯が付いたことで以前よりもかっこよく見えますねぇ~。
光の加減でのっぺりした写真になってしまうこともなさそうです。

1396805014.jpg
やはり1両目は来賓専用車両になったので、私たち一般は2両目に乗車します。
今思うと、3両編成が無くなった今、「臨時」表示よりも「各停」表示の方が貴重なんじゃないだろうか?

1396805171.jpg
もちろん乗車組は出発式を見ることはできません。
外で見ていたら置いていかれちゃいます(笑)
1両目脇は来賓の乗車組の方と出発式に参加する方で埋め尽くされています。
黒い・・・。

1396805137.jpg
せっかくなので側面表示も。。
各停の時は行き先だけ出るのかと思いましたが、ちゃんと「各停」も出ています。

1396805122.jpg
そして、英語表記の時はちゃんと「Local」。
「ワンマン」は片仮名のままなのですが。

そして臨時列車発車の5分強前、定期列車のすれ違いがあります。
前述の通り、上り列車は3番線に変更です。

1396805229.jpg
3番線には、その2で7000形と一緒に撮影した153Fが入線。
仮設踏切の矢印が両方点いていたので(2,3番線に同時に入線しないと点かない)一緒に撮ろうかと思いましたが、シャッター押した瞬間に割り込まれてその方の服しか写りませんでした(苦笑)

とまあこんな具合に、車外やら車内やらをウロウロしていると、時間になりました。
7000形自体は3回目の乗車ですのでそこまで新鮮味はありませんが、これまた貴重な光景が。

その4へ続く。

デハ205

ばばんっ!

1396449650.jpg
出場したようなので、公開。

詳細は後日(次上信に行けたら。早くて10日後くらい?)
それまでに7000形出発式&上州富岡駅舎完成式の記事を消化できるように頑張ります。
プロフィール

Katto

Author:Katto
群馬県内の某市から、東京に進出した22歳の大学生。
鉄道、写真撮影、工作等日々趣味に勤しんでいる。
主に、上信電鉄を中心に扱っています。

コメントは、どなたでも大歓迎です。
最低限のマナーを守って、気軽に書いてくださいね!
リンクもコメント欄などで受け付けています。

ホームページ:
 少年鉄道ホームページ(休止中)
YouTube:
 syoutetsuチャンネル
いずれもこのページの下の方にあるリンクよりいくことができます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる