FC2ブログ

新型車両のその後

こんばんは。
10日前に搬入された上信電鉄の新型車両7000形ですが、その後はどうなったのでしょうか?
とりあえず21日に東京に戻る際に見てみました。

まずは、高崎駅に接近する列車内から。

1382960826.jpg
クハ7501が検修庫に入っていました。
乗務員室扉や客扉の一部が開けられています。何か作業中かな?
手前はポイントの道床交換のようで・・・新車とは関係ないと思います。

1382960957.jpg
3月末の搬入以来モーターカーが連結されていましたが、約7カ月ぶりに切り離されました。
いよいよといった感じです!

ところで、甲種輸送で運ばれて来たばかりのクモハ7001の方が見当たりません。
当然といえば当然なのですが、蔵の中で整備中なのでしょう。
しかし、クハ7501が入っていない方にはクモハ502が入場中。ということは・・・
ということで、本社横の駐車場から見てみました。

1382961182.jpg
クハ7501の向こうにクモハ7001らしき車体が見えます。
甲種輸送用の連結器を中間連結器に交換し、いよいよ編成になったのでしょうか?
見える範囲ではギリギリで止めてあるのか連結されているのか分かりませんでしたが、モーターカーが切り離されているということは、連結された可能性大??

1382961237.jpg
とりあえず反対側(先日搬入作業を撮影したアンダーパス上の道路)に行ってみると、外れた窓ガラスから、クモハ7001のライトが見えました。
スカートの取り付けなどは確認することができませんでしたが・・・。

1382961271.jpg
駅に戻ろうとしたところ、DD51が単機でやって来ました。
偶然にも、先日高操~高崎まで新車を牽引した897号機。


といった感じです。
その後といった割に1週間も前のことしか書いていませんが・・・群馬に行ってないので現状は分かりません(汗)
いずれ試運転(深夜?)など始まると思いますが、焦らずとも今週末のイベントにてお披露目がありますので、今週末を待つとします。今から楽しみ~(^^
スポンサーサイト

上信電鉄の新型車両!クモハ7001甲種輸送 その5

こんばんは。
今夜は上信電鉄の新車クモハ7001の甲種輸送のその5です。
(前記事:その4
甲種から1週間以上経過してしまいましたが・・・一応この記事でラストです。

その4ではデキ3が新車を迎えに行き、デキ3+クモハ7001+DD51-897の編成になったところまで紹介しましたので、その続きを。

1382799402.jpg
デキ3が少しだけこちら側に移動しました(デキにかかる陰の位置が、その4の最後の写真とはずれています)。
DD51が切り離されたようです。

1382799497.jpg
そしてすぐに、デキがこちらへと動き出しました!

1382799628.jpg
新たな仲間を歓迎するように、エスコートします。

1382799686.jpg
そして、DD51が汽笛を鳴らして動き出しました。
JR線へ帰っていくようです。お疲れさまでした。

1382799716.jpg
黒い車体と白い車体・・・被写体としては非常に難しい編成ですね(笑)

1382799736.jpg
目の前まで来ました!
高操では少し遠巻きにしか見れなかったので、間近で見れるのは初です。

1382800133.jpg
立ち位置的に連結面は撮れませんでしたが、運転開始時にはスカートに隠れるであろう部分を。
警笛用のラッパが見えますね。

1382800180.jpg
ポイントを過ぎたところで停車しました。
切り返しの準備に入ります。

1382800249.jpg
表記類。

数分で反対方向に進みだしました。

1382800266.jpg
反射板は幌の固定具に取り付けられています。
てっきり両脇のステップに取り付けられてくると思っていました。

1382800289.jpg
留置線へと入っていきます。
ピカピカの車体が目をひきますね。

1382800323.jpg
変なミスをしないためにオートモードで撮りましたが、やはりデキが前に来ると結構明るくなります(^^;

1382800369.jpg
デキ1が待つ留置6番へ。
この位置からだとデキ1が見えませんが、デキ3がよけるまでデキ3+クモハ7001+デキ1のプッシュプルになりました。

1382800396.jpg
そしてデキ3は留置5番へ。お疲れさまでした。
間にデキ1が挟まっていますが、ようやくクハ7501の元に相方がやって来ました!

1382800437.jpg
そして、デキ1に押されてクモハ7001は検修庫に入って行きました。
これにて、新潟からの長旅が終了となりました。
デキ1もお疲れ様。

では、最後に一連の入れ替え作業を動画でご覧ください。
傾いたりしているのは気にしないで頂けるとありがたいです(苦笑)



5回に渡って紹介した上信の新車の甲種輸送、これにて終了です~。
最後までご覧いただきありがとうございました!
引き続き、新車について何か分かり次第ご紹介していくつもりです。

上信電鉄の新型車両!クモハ7001甲種輸送 その4

こんばんは。数日開いてしまいましたが、その4です。
(前記事:その3
今回は搬入作業編の前編です。

高崎駅の中線に入線していったクモハ7001は、この後上信線に搬入されます。
搬入の手順として参考になるのは2004年と2005年に行われた500形甲種輸送です。
2004年はDD51で留置線に押し込み、定期列車発車後にデキ1が来て入替でした。2005年はDD51で上信線の本線上まで押し込み、DDがJR線に帰線、あらかじめ0番線ホーム手前で待機していたデキ1・3を連結して入れ替えといった感じでした。

とりあえずどちらにしても、今待機している場所まで入れ替えがやってくることは確かなので、そのまま待つことに。
しばらくすると、沿線でDD51牽引の甲種輸送を撮ったのであろう撮影者が続々と集まって来ました。
やはり直前になればそれなりに混むようで・・・早めに待機して正解でした。

1382715991.jpg
30列車が到着。
この後に入れ替えが始まるだろうという予想を立てていました。

1382716050.jpg
すぐに緑旗が振られ、5番留置にいたデキ3が動き出しました。
その3で載せた6番留置のデキ1のパンタが上がっている件については、この時は気付いておらず・・・。
この時点では2005年と同じ入替手順だと、自分の中で勝手に断定しました~。

1382716084.jpg
デキが入れ替えを担当するということで、早速車齢89年差の連結が見れることとなりました。

1382716145.jpg
折り返して、いざ0番線方面へ・・・と思いきや、割と手前側で停車しました。
てっきり高崎寄りにデキをつけて入れ替えすると思い込んでいましたが、下仁田側への連結でした。
手順的には2004年と2005年のどちらでもなかった・・・。
とりあえず、新たな仲間を待つデキ3。

1382716271.jpg
そしてすぐに上信とJRの連絡線が開通しました!
貨物扱いの無くなった今、この線路が使用される数少ない機会です。

1382717557.jpg
13:37頃、クモハ7001がJRの中線からDD51に押されて姿を現しました!

1382717678.jpg
連絡線に足を踏み入れます。

1382717749.jpg

1382717854.jpg
そして、活躍の地上信線へと入線しました!

1382717940.jpg
そして後ろの台車が上信線に入りきるか入りきらないか・・・といったところで停車。

1382717969.jpg
待機していたデキ3が迎えに行きます。

1382718315.jpg
少しの間ですが、デキ3+クモハ7001+DD51-897という編成に!
この向きから見ると、デキの低さが目立ちますね。小さいながらも力持ちです。

ちょっと中途半端なところですが、その4はこの辺で。
今回は文章をほとんど書きませんでしたね(^^; 眠いですしw
動画もアップ済みですが、この先の内容も含まれているので、次回その5にてご紹介します。

その5へ続く。

上信電鉄の新型車両!クモハ7001甲種輸送 その3

こんばんは。
ブログを沢山の方にご覧いただき、また拍手などもいただき、ありがとうございます!
一日開いてしまいましたが、その3です(前記事:その2

その2までは高崎操車場で新車を撮影&観察しました。
じきにDD51が連結されますが、上信線内での入れ替えを撮りたかったので、混まないうちに行くことにしました。甲種という意味ではDD51牽引の方もちゃんと撮りたいところですが、ここは諦めて入れ替えを優先させます。
再び有料駐車場に車を止め、アンダーパス上の道路へ。
甲種到着までまだ一時間以上あるため、先客はまだ一人もいませんでした。
まず、上信の入替の方を優先する人も珍しいか(笑)

おにぎりを食べ、先輩と談笑しながら待っていると、ようやく撮影者が一人現れました。
お話をすると、特に甲種の事は知らなかったようでした。しかし上信の電車には興味がおありのようで、春以降新車が出そろうのを心待ちにしていたとか。
その方も撮影されるということでしたが、甲種到着の10分前になっても他の方は現れず。
そこで、同じアンダーパス上の道路ですが、下仁田寄りに移動してDD51牽引の甲種も撮ることに。
手前にフェンスがありますが、私はあまり気にしません(笑

1382450388.jpg
13:10頃、デキ3(写真右)が少し前進しました。
今気付いたのですが、デキ1(左)もパンタが上がってますね。

1382450440.jpg
JRと上信の連絡線付近に、作業員さんが集まりだしました。
年に一度ほどチキが入線する以外基本的に使われていないので、確認作業も大変なのかもしれませんね。
最近保線したのか、バラストが新しくなってました。

そして13:14頃、お目当ての列車がやって来ました!
1382450592.jpg
DD51-897に牽引されるクリーム色の車体は、まぎれもなく、先ほど高操で舐めまわすように(笑)見てきた上信の新車。
前夜も通過したであろう活躍の地に、改めて戻って来ました!

1382450638.jpg
手前に障害物が多いですがキニシナイ。
オレンジのディーゼル機関車とクリーム一色の車体、意外と似合ってる?

1382450737.jpg
連結部分。
片割れだけ牽かれている姿は、兄いわく廃車回送(笑)

1382450828.jpg
後撃ち。

1382450850.jpg
車庫で休む上信の車両たちと。
今は向こう側を走っていますが、これからはこっちの仲間。

1382450973.jpg
塗り直されてもうすぐ1年の100形と。
古い車両の中では、スタイリッシュな前面が映えることでしょう。

1382451063.jpg
上信の車両群と一旦別れを告げ、JRの中線へ。
職員さんもみんな写真を撮っておられますな(笑)

1382451210.jpg
高崎駅2番線ホームには人があふれかえっています。顔のモザイク処理が面倒くさいw
あちらで撮ろうかとも先輩と検討していたのですが、こっちで待っていて正解でした。

その3はDD51牽引だけで終わりました~。
次回その4以降は、上信への搬入作業についてです!
では、最後に動画をご覧ください。



その4へ続く。

上信電鉄の新型車両!クモハ7001甲種輸送 その2

こんばんは。
昨日に引き続き、上信の新車クモハ7000形の甲種輸送その2です。(前記事:その1

高崎操車場の南側でたっぷり撮影した後は、北側に行きます。が・・・
1382258068.jpg
隣にはコキがいます・・・。
床下は観察しきれそうにないですが、それは仕方ないとして近くまで行きます。

1382258235.jpg
こちら側も屋根や床下以外は基本的にはクハ7501と同じ感じです。当たり前か。

1382258266.jpg
反対側でも見たとおり、スカートは取り外された状態です。

1382258409.jpg
反射板はこんな感じに取り付けられています。

1382258300.jpg
真ん中のドアが開けられています。

1382258530.jpg
後ろ側から見た様子。反対側もそうでしたが、2か所の窓がちょっとだけ開けられています。
道路が思いのほか低く、反対側と比べてうまく見えません。
また、たかり草(←方言らしい?)が結構茂っています。

1382258584.jpg
反対側にはありませんでしたが、中間側客扉が少し開けられ、ホースが出ています。
ドアの隙間はテープでふさいでありますね。これも甲種輸送ならではでしょうね。

そしてコキにEH200が連結されて前面付近が隠されてしまいましたが、すぐに発車し、先ほどまでコキで見えなかった床下も見えるようになりました。
どうやら遅れていた貨物列車らしく、すぐに発車となったらしいです。

1382258671.jpg
この辺の床下機器は取り外された状態での甲種輸送です。
次に屋外に出るときには見えないであろう、向こう側の床下機器の裏側が見えます。
窓のブラインドは下ろされた状態ですね。

1382258634.jpg
VVVFインバータは別途陸送で搬入されましたが、こちらにも関連した機器が付いていました。
この日の朝の機器搬入を見れなければ制御方式がなかなかわからなかった・・・と思っていましたが、そんな事はありませんでした~。

だはその1に引き続き、その2の最後にもJRの車両との並びを!

1382258712.jpg
突然やって来た107系。大宮入場でしょうか?

1382258744.jpg
隣の線路を走るEH200-1。撮影できなかった、新潟貨物ターミナル~高崎操車場の甲種輸送風の写真です(笑)
この後倉賀野方面で折り返してきて、件のコキに連結されました。

1382258833.jpg
下りE233系と。

1382258810.jpg
発車したコキ50000と。
コキに載せて輸送している風な写真(笑)

これにて高崎操車場での観察を後にし、混むかもしれない上信線での入れ替えの撮影準備に向かいました。
その3へ続く。

上信電鉄の新型車両!クモハ7001甲種輸送 その1

こんばんは。
今日は、昨日撮影した上信の新車の甲種輸送についての記事です~。車両の詳細は別の機会に。
また数日に分けて記事にしますが、今度はあまり遅れないように書き・・・たいと思います(^^;
また、前置きとして朝の機器搬入について昨日記事にしましたので、併せてご覧くださいm(_ _)m→こちら

前日から藤寄~新潟貨物ターミナルをDE10、新潟貨物ターミナル~高崎操車場をEH200に牽引されて到着した上信電鉄7000形(クモハ7001)でしたが、ここまでの工程は学校や列車自体の遅延もあり撮影できなかったのは昨日記事にした通り。
制御方式がVVVFであることが判明し、良い収穫を得れたところで有料駐車場から出庫しました(先輩の運転ですが)。

途中のコンビニでお昼ご飯を確保しつつ高崎操車場へと向かいましたら、雑誌関係っぽい方が撮影していましたが、他に撮影者はおらず・・・
そして高崎操車場の5番線には一両でぽつんと留置されるお目当ての車両が!

1382173603.jpg
見覚えのある車体ですが、今回はクモハです。前回陸送だったクハ7501の登場から約7か月で、ようやく相方を見ることができました。
イメージパース通り、上信電鉄初となるシングルアームパンタを2基搭載しています。

1382173679.jpg
甲種輸送にあたって運転開始時と最も異なる部分は、前面だと思います。
どういう理由からか分かりませんがスカートが取り外されていて、種別表示は今後恐らく見れないであろう「回送」を表示しています。陸送のクハは「試運転」でした。
赤い反射板が少しばかりチャーミング。
前面はシートで覆われていないので、機関車のパンタから飛散したであろう汚れがびっしり・・・。

1382174839.jpg
パンタは結構端寄りについています。
台車はNF05D。クハはNF05Tでした。

1382174752.jpg
前側のドア窓には、甲種輸送に必要な票が貼ってあります。

1382174860.jpg
後ろ側から見た感じ。
パンタ台は、パンタ高さを上信に合わせるためか、結構ゴツイ感じです。

1382174917.jpg
貫通路は扉付きですが、青いシートでおおわれていますね。
幌はクハとともに陸送されましたので、今回は付いていません。
連結器は甲種輸送に合わせて変更されています。上信にて半永久に交換するのでしょう。

その1の最後に、JR車両とのならび(?)です。
ほとんど不意打ち(時間調べなかっただけですがw)で来たので、写りきってないですが(^^;
1382183983.jpg
下りのE231系。

1382184008.jpg
下りのE233系と。

1382184107.jpg
下りE231系、上りE233系と。

1382184155.jpg
上りキハ110系と。

1382184313.jpg
下りE233系と。

その2へ続く。

上信電鉄の新型車両7000形はVVVFでした

こんばんは。
昨日の分の上信電鉄の新車クモハ7001の甲種輸送は遅延で撮れませんでした・・・。
しかし運よく休みとなった金曜日の今日、高崎操車場~上信線の分を撮って来ました。それに関しては明日以降に記事にするとして・・・今朝の新車関連のお話。

遅延となったEH200牽引の甲種は、朝に撮れればいいかなと思っていましたが、朝を迎えるまでに無事に高崎操車場に到着したようです。
朝上信に乗り高崎へ行き、先輩の車に同乗。いざ高操へ・・・の前に、クハ7501が入替しそうなので上信側へ行きました。
車を上信本社横の駐車場に止め、アンダーパス上の道路に行こうと思いました。
そして駐車場に入り、車を止めると・・・

1382103817.jpg
何やら荷物をおろしていました。
とりあえず気になるので車を止めた駐車場から見てみると、

1382103877.jpg
クモハ7001の床下に取りつけるであろう床下機器が。
前の晩にツイッターで写真を見て、床下機器少ないと思っていたのですが、そういうことか。
そしてその画像で抵抗器が見えたので抵抗制御かと思いましたが・・・

1382103904.jpg
もう一個の積み荷が、なんとVVVFとSIVでした!
上信電鉄でVVVFの音が聞けるとは・・・乗るのが更に楽しみになりました~。

1382104057.jpg
トラックがはけ、全体が見えたクハ7501。
目当てのこれはここに引き出して入替は終わっていましたが、その代わりにいいものが見れました。

1382104139.jpg
次に来たトラックには別の床下機器が。何の機器だか忘れました(^^;

1382104278.jpg
毛布をかぶったこれは何だろう?

1382104165.jpg
スカートでした。
今回の甲種回送ではスカートは取り付けられておらず、それが3分割で積まれていたようです。

とりあえず、自分的に気になっていた上信の新車の制御方式はVVVFでした、という報告だけ。
この後の撮影に関しては、明日以降記事にします。
(10/20追記:続きは甲種輸送編その1へ)

上信甲種、2度目の空振り・・・

こんばんは。
今日・・・日付が変わったので昨日ですね!17日は上信のクモハ7001が甲種輸送される予定でしたが・・・
新潟貨物ターミナルより牽引予定の機関車が、台風の影響で到着しないとかで遅延しているようです~。
もう出たのか、まだ新潟にいるのか分かりませんが・・・明日無事に上信入りしてもらいたいところです(T_T)
相方クハ7501は倉の中で寝てました・・・早く2両で走る姿が見たい!

とりあえず文字だけの報告・・・2005年に続く、人生2度目の上信甲種空振りでした。

上信電鉄イベント情報!鉄道感謝フェア2013

こんばんは。
11月2日に予定されていた上信電鉄の鉄道感謝フェアですが、正式に決定したようで告知が出ました!
イベント内容としては、、、
・電気機関車デキ イベント開催記念列車運行&撮影会
・保守用車両乗車体験&撮影会
・ED316撮影会
・車両検修庫見学会
・ミニトレイン運行
・鉄道模型運転会
・鉄道グッズ販売
・飲食物販売
・新型車両先行見学会
・上信沿線ゆるキャラ大集合
などが予定されています。

また、恒例の当日限定1000円(小児500円)の「一日全線フリー乗車券」も発売されます。
イベントパンフレットはこちら。上信電鉄HPに掲載されているPDFです。

1381842703.jpg
昨年のイベントでの、デキ・ジオトレイン・わっしーのスリーショット。若干シュールなひとコマ。

・・・イベント情報は以上として、個人的に気になる点を~。

まず大きな目玉と言えば、新型車両の見学会ですかね!
てっきりイベントと同時に営業開始・・・かと思っていましたが、「先行」という文言から察するに営業運転開始前の展示であるようです。となると、アイボリー一色の「すっぴん」での展示でしょうか?車内も公開になるのか、気になるところですね~。
1380981410.jpg
新型車両クハ7501(許可を得て撮影)

そして、デキの臨時列車運行も気になりますね。
感謝フェア・中小私鉄フェアでは2011年に続く2回目のデキの運行です。前回は旧型客車をけん引しましたが、今回は電車(夏季ではないので200)形でしょう。
当ブログの8月記事で触れたように、デキ1が復活した可能性もあるので、重連の可能性もあるでしょうか?
1381843354.jpg
2011年の頑張るぐんまの中小私鉄フェアにて運転されたデキ牽引旧型客車臨時列車

昨年はツイッター上でED316の展示場所に関する要望が出ていましたので、その点はどうなるでしょうか?(安全上の都合とかのあるので、あまり無理を言わないようにしたいですね^^;)
あとは沿線ゆるキャラ。昨年は県内から5体のゆるキャラが集まりましたが、今年は沿線より集まるようです。8月のは-て号同様のラインナップ?個人的にゆるキャラは好きなので、楽しみです(笑)
他はおおむね同じ内容のようですが、何らかのサプライズがあったりするので楽しみです!
昨年は天気に恵まれず、また2010年からはずっと暑い9月の開催だったので、涼しい時期である今回は例年以上の盛り上がりを見せるといいですね♪
1381843917.jpg
昨年搬入、イベントでお披露目と体験乗車を行ったGT200-1A形軌道モーターカー。今年もこいつの出番だと思いますが、下仁田常駐の土シーキモ57にも乗ってみたいです。以前の機会には時間が合わず乗れなかったので・・・。

そういえば昨年の様子を記事にすると宣言しておいて、まだでした・・・。
いずれまた・・・・・・。

上信電鉄500形甲種輸送の思ひ出

こんばんは。
いよいよ今週7年ぶりに上信向けの甲種輸送が行われるということで、今夜は8、9年前に行われた500形甲種輸送を振り返ります。

500形は、200形の置き換え用として導入された元西武鉄道新101系で、2両編成×2本が譲渡されました。
私は当時中学生で、高崎まで出るのは金銭的にきついものがありましたが、2回とも甲種輸送は見に行きました。

・クモハ501・クモハ502

実施されたのは2004年12月11日で、新101系では初めて西武線から旅立った車両でした。
西武線内はE31形電気機関車(E31・E32)の牽引で行われました。現在では電車での牽引に変わっているようです。

当日は高崎機関区の公開が行われており、ついでにそちらにも訪れました(ほとんどの方が機関区公開のついでに甲種撮影だったようですが・・・笑)。
下見を済ませた高崎操車場に向かうと、既に沢山の人が・・・。
先客の邪魔にならないように後ろで待つことしばし、お目当ての列車がやって来ました!
1380127036.jpg
新秋津~高崎操車場の牽引を担当したのはEF65-1006でした。
この時はどちらかというと「早く新車を見たい!」と思って行ったので、この後は500形の細部の撮影に励んだ記憶があります。
ただ、切り離しやDDの連結もしっかり撮ってあり・・・そんなに時間余ってたっけな?

1380127170.jpg
高崎操車場~高崎はDD51-895が担当。
すごい人だかりです。
また、ここでディーぜル機関車に付け替えたのは上信電鉄との連絡線の架線に電気を通していないためのようです。

この後は高崎駅まで全力疾走し、ホームで入線シーンを撮りました。
さすがに中学生の時のようなスタミナはもうありませんので・・・7000形甲種の時はどうしようかな(笑)

1380127218.jpg
DD51が上信線に500形を押し込みます。500形が新天地に一歩足を踏み入れた瞬間です。
この時は南の留置線に押し込まれました。

1380127272.jpg
上信電鉄の職員さんに声をかけると、敷地内で撮らせていただけるとの事でお邪魔しました。(と言っても、この日は既にかなりのギャラリーがいましたが)
定期列車をやりすごした後、デキ1が単機で入れ替えに励んでいました。
古豪と新型のコラボレーション。

500形には今までの上信にはない設備が複数付いていて、この日見に行ってよかったと思いました。というか、試運転が始まったのが約3ヶ月後でしたので、見に行ってなかったら色々気になって仕方ない日々だったかも(笑)


・クモハ503・クモハ504
そして約1年後の2005年12月17日、2編成目となる500形が甲種輸送され・・・る予定だったのですが、新秋津で車両故障とのことで運休になりましたorz
機関車の故障なのか500形の故障なのか今でも2通りの説が流れていますが、結局どっちだったのかな?
また家を出る時点で運休が決まっていたようですが、当時は今でいうツイッターなどの情報源が充実しておらず、自分も携帯を持っていませんでしたので、情報を得ることができませんでした。

それから約1週間後のクリスマスの12月25日に、改めて甲種輸送が設定されました。
この日も何とか高崎まで出て撮影に行きました。

1380127339.jpg
この日はちゃんと来てくれました~。
西武線内はE33・E34が担当、新秋津~高崎操車場はEF65-1054が担当しました。

1380127380.jpg
高崎操車場~高崎はDD51-888が担当。
この日は特にイベントもなかったためか、10人ほどのまったりした中で撮影できました。

そしてこの時も例のごとく、高崎駅まで全力疾走!
高崎駅の入線シーンを撮ることができました。

1380127468.jpg
上信線内への搬入、この年はJRホームから撮ってみました。
前回とは異なり、上信線の本線上で停止し切り離し、ホーム付近で待っていたデキを連結して入れ替え。
前回は定期列車をやり過ごしてからの入替でしたが、手順が変わってたので焦りました(^^;

1380127596.jpg
この時も職員さんに声をかけると、快諾してくれましたので、本社前で撮影。
前回は単機だった入替も、この時は重連で行われました。
ここも前回のような人込みはなく、5人ほどでした。

更に増備されてデハ203も置き換えるだろうと思っていましたが、様々な事情から以降500形が増備されることはありませんでした。よって、これ以降の上信向け甲種輸送は実施されていません。
今週の甲種輸送、今からわくわくしていますが、500形甲種を撮りに行った当時の気分が思い出され、なんだか懐かしく思えてきました。

7000形導入による車両の動きを勝手に予想

上信電鉄の新型車両クハ7500形(クハ7501)の詳細観察が一通り終了しました。
クモハ7001の入線まであと10日を切りましたが、今回は新型車両導入に伴い発生するであろう車両の動きについて見ていきたいと思います。

1370534943.jpg

まず、置き換え対象となりそうな車両をある程度絞りたいと思います。
上信電鉄に在籍する旅客車両の中でもっとも早く置き換えられそうな車両が、200形(デハ200形・クハ300形)です。
150形も元をたどれば200形とほぼ同時期に製造された車両ですが、全車冷房を完備している点を考慮すると、ほとんどが非冷房車である200形を差し置いて置き換えられることは考えにくいと思います。

そして、群馬県のホームページ内の資料に
「S30~40年代車両(非冷房車)2両1編成の更新を新造で行い・・・」
という記述を以前に見つけました。
これを決定打として、候補を200形に絞って考えていきます。


200形は9両が在籍しましたが、2004年に201・301が、2005年に202・302が廃車解体されています。
では、残りの5両についての製造年と、最後に全検から出場した年月を次に示します。

・デハ203
1381066152.jpg
(イベント時に撮影)
製造年:1964年
最終全検出場:2008年2月
備考:現存する唯一の一次車

・デハ204
1381074073.jpg
製造年:1969年
最終全検出場:2011年6月
備考:1989年両運化改造、世界遺産レンガ列車

・デハ205
bl1363721010.jpg
製造年:1969年
最終全検出場:2010年9月
備考:1990年両運化改造、復刻カラー

・クハ303
1381074972.jpg
製造年:1969年
最終全検出場:2012年10月
備考:冷房車、人形処かんとう広告塗装車

・クハ304
bl1364051888.jpg
製造年:1969年
最終全検出場:2012年8月
備考:世界遺産レンガ列車

・・・といった具合です。
ここでまず廃車候補から外されるであろう車両は、冷房化されているクハ303ですね。

そして、逆に確実に廃車候補に挙がるであろう車両は、デハ203です。
現存する唯一の一次車ということで、他の4両と比べても5年先輩です。
加えて、最後に全般検査を受けてから5年以上が経過し、検査切れ状態です。
2010年頃から専ら構内入替で動くのみでしたが、ここ1年と数カ月は同じ場所にとどまったままです。
まだ部品を取り除く作業はされていないようですが(2013年9月18日時点)、少なくとも本線上を走行することは二度と叶わないと思われます。
感謝フェアなどでお目にかかれたら嬉しいですね。

デハ203が廃車になるとすると、他にはどの車両が廃車になるのでしょうか?
全般検査の周期的にデハ205が該当すると思ったのですが、デハ205は今年度に全般検査を実施予定です。少なくとも今回の7000形導入による廃車はないでしょう。
ただ、旅客運用の座を7000形に譲ったうえで機関車代用で活用される可能性もあると思います。

もしそうなったとすると、デハ203が廃車、デハ205が旅客運用離脱でS30~40年代製造の2両1編成分の車両が新型車両で更新されることになり、先の情報とつじつまが合います。
恐らくこのような形で車両の動きが発生する・・・という、私の勝手な予想です(^^;
勝手な予想であるが故、デハ204・クハ304が廃車になる可能性も考えられます。
結局のところ、蓋をあけてみないとわからないということです(苦笑)
7000形はボックスシート車なので、運用もまだ読めません。

20日ほど上信電鉄を見に行っていないので、もしかすると大きな動き(デハ203解体とか?)が生じているかもしれません。
デハ201編成や202編成はそれぞれを置きかえる500形編成が入線する10日ほど前に解体されました。もしクモハ7001が入線する18日以降も解体される車両がなければ、しばらくは200形全車見ることができるのではないでしょうか。


1381066245.jpg
全検直後の2008年3月14日に撮影したデハ203。
上の方の写真のデハ203は2012年9月撮影です。この写真と比べてみると、カサカサになってしまっていて、すでに廃車体のよう・・・。
高校生時代に災害で下仁田に数編成が閉じ込められた際、9月にもかかわらず毎日こいつが走っていたときがありました。冷房車を連結して対応していましたが、貴重な車両に乗ろうと汗をかきながらこいつに乗っていたのはいい思い出です。

1381078438.jpg
2013年9月18日、残暑で汗ばむ陽気の中、運用に入る非冷房車デハ204・クハ304。
夕方までは冷房車が2編成離脱しても冷房車率100%で運用できますが、検査が長引くなどで夕方以降も2編成の冷房車が離脱している場合、夏場でも非冷房車1編成が運用に入ります。
2005年にクモハ503・504が入線して以降、このような例外を除いて夏場の冷房率100%が実現しました。様々な事情があるようですが、それ以降200形の置き換えがストップしていたのはこの事も影響しているのではないかと思います。
今回7000形導入によって実質的に冷房率100%となるのでしょう。


結局のところ、結論を言うと「わからないっ!!」ということで、まとまらない記事になってしまいました(いつものことか?)
新しく走り始める新型車両7000形はもちろんですが、去るかもしれない200形についても観察していきたいですね。

上信クハ7501の詳細観察その11(最終回)

上信電鉄の新型車両の詳細観察、前回に続いて以前ご紹介した部分の補足です。今回でいよいよラストになります。
(前記事:その10

例のごとく敷地内で撮影した画像ですが、許可を得て立ち入り、撮影しています。

・台車
1380981192.jpg
中間側の台車。
その1でもお伝えしたとおり、NF05T台車。

1380981108.jpg
先頭寄り台車。
左側に排障器があります。

・側面窓
1380981591.jpg
下段は、閉状態も含めると5段階で開け閉めできる模様。
上段は固定窓っぽいです。

・ドア横電光表示板
1380981175.jpg

1380981131.jpg
赤色のLEDっぽいです。

・妻面
1380981564.jpg
妻板。

1380981471.jpg
メーカーズプレート。
新潟トランシス製で、2013年製造。

1380981490.jpg
表記類。

1380981508.jpg
中間連結器。
ブラブラしないようにか、木片を挟んであります。

・ドア上部のドア開閉ランプ
車内編の補足事項になります。

bl1364658247-001_2013100800252448a.jpg
(この画像のみ敷地外から撮影)赤枠内を拡大したのが下の画像。
近年の電車には割と装備されている設備ですが、クハ7501にも設置されました。
JRなど同様、赤い点滅でしょうか?




これにてダラダラと続けてきた詳細観察は終わりです。・・・4か月で記事数11とは、ほんとうにダラダラ書いた証拠だ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました♪
ちょっと凝り過ぎて見づらかったとは思いますが、少しでもお役に立つか、楽しんでいただけたのなら幸いです。
実車は、相方のクモハ7001が10月18日に搬入されますので、運転開始までそう長くはないと思います。
運転開始しましたら、この機会にぜひ、上信電鉄に乗りに来てくださいね!

上信クハ7501の詳細観察その10

シリーズ化して書いてきた「上信クハ7501の詳細観察」も、その10となりました。
一応その9までで一通り書いていますが、記事投稿後に見やすい写真が撮れた部分などありますので、ご紹介します~。
(前記事:その9

今回撮影した画像は全て敷地内より撮影していますが、許可を得たうえで立ち入り、撮影したものです。

・前面周り
1380981410.jpg
正面をアップで。

1380982841.jpg
なかなかスタイリッシュ!

1380981318.jpg
前面ステップ(バンパー?)その1。
砂埃がたまってます・・・。

1380981350.jpg
前面ステップその2。
スカートの正面が三つ折りになっているのがお分かり頂けるでしょうか。

1380981253.jpg
スカートを後ろ側から見る。

・ヘッドライト/テールライト
1380980898.jpg
正面の形状に合わせ、テールライトの方がヘッドライトよりも前に出ています。

1380980849.jpg
ヘッドライト。
ガラス管のようなものが2本あり、それを後ろのギラギラで反射する模様。
あまり詳しくないのですが、管が横方向に付いているタイプは見覚えがない・・・。

1380980931.jpg
テールライトはLEDっぽい感じに見えました。

・前面表示
その1だかで触れたと思いますが、前面は幕式の表示です。日光が当たっても見やすいようにという配慮でしょうか?

1380982872.jpg
種別表示は、搬入時から「試運転」を表示しています。
他の鉄道会社に陸送された新潟トランシス製の新車についても「試運転」を表示した状態で搬入されているみたいです。

1380982905.jpg
行き先表示。
搬入時は白幕でしたが、8月初旬に通電した際に幕を動かしたようで、上側に「吉井」、下側に「上州富岡」が見えています。
となると、収録表示は「高崎」「吉井」「上州富岡」「下仁田」でしょうか?500形のように「上州一ノ宮」も入るのかな?

以前紹介した部分の補足のみでしたが、その10はこの辺で。
次はいよいよラストとなりそうです。

上信クハ7501の詳細観察その9

実車の搬入から半年経過し、ようやくその9です・・・どんだけマイペースで書いているんだか、我ながら呆れます(^^;
今回は運転室について見てみましょう。
(前記事:その8

毎回の事づけになってしまい申し訳ありませんが、今回も敷地内で撮影した画像がありますが、全て許可を得て撮影したものですのでご了承ください。

1380970803.jpg
(敷地内で撮影)
中心に支柱がありますが、上信電鉄の新潟トランシス(以前は新潟鐵工)製電車お馴染みの大きな窓で、前面の見通しは良さそうです。
左運転台で、あまりごちゃごちゃしていないすっきりとした印象です。
写真には写っていないものの、窓上もすっきりした印象でした。表示を変える際ののぞき窓のようなものは見当たりませんでしたので、方向幕は電動で、もしかすると側面のLED表示器と連動するのでしょうか?

1380970831.jpg
(敷地内で撮影)
メーターパネルはゴツイひさし(フードというのかな?)をかぶっていて、速度メーターなどの他に液晶パネルが見えます。ワンマン関係その他を設定・管理する画面なのでしょうか。
そして上信電鉄初となる左手ワンハンドルが採用されています。
警笛ペダルなどについては、ドア窓が高いので覗けませんでした・・・。

どちらかというと低運転台といった感じでした。

1380970859.jpg
(敷地内で撮影)
左側に写りこんでいる気持ち悪い手は、私の右手が写りこんだものです。心霊写真ではないので悪しからず!
こちらの写真は、客室との仕切り側です。
明るめの客室とは対照的に、運転室は全体的に黒くて暗めの印象です。窓への写りこみを抑えるためでしょうか?
座席は、客室のものと柄が似ています(というか同じ?)。

1370963358.jpg
ミラーは大きな円形のものが取り付けられていて、外から見るととても目立ちます。

~おまけ~
1380973295.jpg
(敷地内で撮影)
客室内先頭部に貼られていた、「クハ7501」と「トランシス 2013」です。

今回は少し短めですが、この辺で。
特に書き忘れがなければ、これにて車内編は完結にしたいと思います。
焦らずとももうじき運転開始(クモハ7001が10月18日に到着予定)すると思われますので、実際に乗車して確かめてみてください!←投げやり・・・

次は外観の補足事項について見ていこうと思います。

上信クハ7501の詳細観察その8

上信電鉄の新型車両クハ7501の詳細観察その8です。
今回はその6~7に引き続き、車内について見ていきたいと思います。
(前記事:その7

毎回でくどいですが・・・今回も敷地内で撮影した画像がありますが、許可を得て撮影したものです。ご了承ください。

・荷棚
1380965318.jpg
(敷地内で撮影)
荷棚は基本的に客ドアのない部分に設置されていますが、車いすスペースおよび運転室後部には設置されていません。
形状はポール式で、レール方向に数本のポールが設置されているタイプ。

1380965972.jpg
スタンジッションポールは荷棚と接続しています。
しかし、ボックスシート部ではこのポールのみ途切れているように見えました。

・ブラインド
1380966453.jpg
ブラインドが下ろされた状態の窓。
ブラインドは2段窓部分と1段窓部分に分かれてそれぞれ設置されています。
柄は特になく、縦方向の縞模様(繊維?)がある程度。
この写真では緑いろっぽく見えますが、これは窓の色です。

1380966724.jpg
実際はこのように白に近い感じです。

1380966881.jpg
ブラインドの下部分はアルミ材(?)が付いていて、横長窪み付きで、いかにも最近の電車といった感じ。

1380966974.jpg
(敷地内で撮影)
赤枠内を大きくしたのが右側の画像。
ブラインドのレールは真っ直ぐに溝があるだけで、中にはギザギザのものが見えますので、フリーストップ式かと思われます。
上信電鉄では初採用ですね。

・吊革
1380968204.jpg
例のごとく写りこみが激しいので、かなりトリミングしたもので代用・・・。
形状はおにぎり形で、座席および車いすスペース上に設置されています。ドア部分には設置されているようには見えませんでした。
穴が枕木方向ではなく進行方向を向くように設置されています。

・非常用ドアコック
1380559169.jpg
従来車は座席下に設置されていましたが、クハ7501はドア上に設置されています。

この辺でその8は終わりたいと思います。恐らく客室については一通り観察できたと思うので、次回は運転室について少し触れたいと思います。
その後は外見などの補足をして、ダラダラ続けてきた詳細観察は終了かな?

上信クハ7501の詳細観察その7

上信電鉄の新型車両クハ7501の詳細観察ですが、7回目を迎え、前回に続き車内について見ていきます。
(前記事:その6

今回も敷地内で撮影した画像がありますが、許可を得て撮影したものですのでご了承ください。

・天井
天井の写真も撮ったのですが・・・

1380877833.jpg
(敷地内より撮影)
写りこみが激しくてなんだか分かりません(汗
そこで、似たような構図で一部を絵で描いてみました(使用ソフト:ペイント)。

1380888699_2013100500232707d.jpg
写真から無理やり判断して描いた感じ・・・なので、かなり不正確な絵です(^^;ちなみに運転室のすぐ後ろの部分です。
天井は中央部分に黒い波板状のものがあります。その両脇の白い部分にある切り欠きは空調の吹き出し口かな?
そのさらに外側には蛍光灯が設置されています(絵で表した部分では運賃表示器に反射しない為にか、蛍光灯カバーがあります)。
肩部分に関しては白い化粧板が使用されている模様。

・座席
クハ7501はボックスシートとロングシートを組み合わせたセミクロスシート車です。
窓とシートの位置関係に関してはその6で紹介したとおりです。
全席バケットシートのように見えましたが、E231系ほどは固くなさそうです(笑)

1380558735.jpg
(敷地内より撮影)
客ドアとボックスシートの間には2人がけの座席が設置されています。
優先座席以外のシートは、鮮やかな青ベースのまだら模様(?)です。
ドア側には仕切り板が設置されていて、ボックスシート側には肘が当たる部分に窪みが設けられています。
また、座席下にはヒーターが取り付けられているのみで、スカスカな浮いてる座席です。

写真を撮り忘れてしまいましたが、少し写っているボックスシートは2人がけ×2で、1ブロック4人がけの標準的な配置です。
肘掛が付いていて、肩部分には手すり(立ち客用?)が付いています。
下にはロングシート部分と同じくヒーターが付いていますが、こちらは脚も付いているのでしっかりしている印象です。

1380901892.jpg
(敷地内より撮影)
中間側には長めのロングシートが設置されています。
5人がけ(もしくは4人がけ?)である以外は、ボックスシート脇の2人がけシートと同様のようです。

1380559468.jpg
(敷地内より撮影)
写真の手前側に設置されているのは優先座席ですが、ここのみ柄が異なります。
ライトパープルベースに「PRIORITY SEAT」(優先席の意味)と人の柄(お年寄りの方のイラストなど?)がデザインされています。
従来車は窓に貼られたステッカーとスタンディッションポールによる仕切りのみでしたが、これで優先席と普通席の区別が付きやすくなりました。

1380902214.jpg
(敷地内より撮影)
座席ではないのですが、ついでに車いすスペースを。
現在はまだ物置スペースとなっています(笑)
運転開始に必要な備品などが保管してあるのでしょうか?

・ワンマン設備
ここでは整理券発行機、運賃箱・両替機、運賃表示器を紹介します。

1380904118.jpg
(敷地内より撮影)
山側(高崎方面を向いて左側)の整理券発行機は消火器ケースの上に乗っかっています。
従来車と同じ機械に見えますが、形の違う新品です。

1380904186.jpg
(敷地内より撮影)
反対側は、運転室後部の非難はしご収納スペース脇に取り付けられています。
ワンマンで使用することを前提に設計されただけあって、スペースを有効に使用して発行機が設けられていますね。

運賃箱兼両替機も写真を撮り忘れましたが、写りこんでいる頭の青い機器がそれです。
これに関しても従来車とは異なる新品のようです。

bl1364658247.jpg
ドア開口部左上にちょこんと写っているのが運賃表示器ですが、液晶画面が採用されたように見えました。
クハ7501はドア上や500形のような天井の電光表示板は見当たりませんでしたので、この液晶画面で一通り案内すると思われます。

・スタンディッションポール
これに関しては、座席脇の仕切り板に設置されています。
ボックスシート肩部には手すりがありますので、扉間中央付近には不要だったのでしょう。
他には、ドア両脇に縦方向、車いすスペースと運転室仕切りに横方向の手すりが設置されています。


これにてその7は終わりです。
次回は荷棚やカーテンなどについて観察したいと思います。

上信クハ7501の詳細観察その6

こんばんは。
だらだらと続けている上信クハ7501の詳細観察も、その6を迎えました。今回から車内編に移りたいと思います。
ただ、車内については実際に入ることはもちろんできないので、外から見ただけです。よって、まだ確認できていない部分があったり、見間違いもあるかもしれません・・・。
(前記事:その5

一部の写真に「敷地内より撮影」とありますが、許可を得て立ち入らせて頂いたときに撮影したものです。上信電鉄さん、ありがとうございました。
また、今回は写真以外にも絵を用いますが、それらはペイントを使用して作成しています。温かい目で見ていただき、作画崩壊等についてはスルーしていただけると嬉しいです(笑)

・全体的な配置
1380555455.jpg
左が先頭側です。
当初予定されていた通りボックスシートを備えています。全体的な座席配置としてはJR東日本のE721系に非常に似ていると思います。
上信の従来車と比べて乗務員室後ろの部分が狭いためなのか、最前部ドア周りの配置がやや変則的になっているようです。

1380555335.jpg
敷地内で撮らせて頂いた際にテンパっていて撮り忘れたのでペイントで・・・。
窓と座席の位置関係はこんな感じです。もちろん、実車を忠実に再現した絵ではありませんので、位置関係の参考程度に。

・壁紙(客室)
1380558735.jpg
(敷地内より撮影)
貫通扉と客扉部分はステンレス無塗装ですが、他は基本的に明るめの木目調のようです(写真の左下辺りをご覧くだささい)。東京メトロ10000系の妻面の壁紙と同じ感じ?

1380559169.jpg
無塗装で冷たい感じのステンレス部分と温かな木目調の組みあわせが不思議な感じ(※kattoの個人的感想w)

・床
1380559468.jpg
(敷地内より撮影)
全体的にグレーです。
保護のためにビニールがかかっている状態で、質感などはよく分かりませんでした・・・。
オレンジの斜線がいくつか見えますが、これは模様ではなく、駐車場のゼブラ模様が写りこんでいるだけです。
また、緑色のものはテープで、これも床の模様ではありません。

短いですが、その6はこの辺で。
夕方に撮影すると、景色が反射しちゃいますね。
極力カメラを窓に近付ければ解決できたことですが、誤ってコツンッ!とぶつけたくたいですからね(^^;
プロフィール

Katto

Author:Katto
群馬県内の某市から、東京に進出した22歳の大学生。
鉄道、写真撮影、工作等日々趣味に勤しんでいる。
主に、上信電鉄を中心に扱っています。

コメントは、どなたでも大歓迎です。
最低限のマナーを守って、気軽に書いてくださいね!
リンクもコメント欄などで受け付けています。

ホームページ:
 少年鉄道ホームページ(休止中)
YouTube:
 syoutetsuチャンネル
いずれもこのページの下の方にあるリンクよりいくことができます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる